美和ロック認定サービス代行店SD

プライバシー 今すぐ相談はこちら 0120-169-109 通話料無料年中無休受付

メールマガジン

2013.12.02
2013年12月(第52号)

防犯・防災のカギの特急便 セキュリティハウスがお届けする、
   ╋╋・‥…  防 犯・防 災 マ ガ ジ ン  …‥・╋╋
                         2013.12.2 052号(12月号)

このメルマガは、カギの特急便セキュリティハウスのお客様を対象にお送りしています。
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・ご挨拶……………………<①今年はお世話になりました>
<②ラジオニッポンでCM中>
            <③遠隔監視システムi-nextでコスト削減と売上アップのツールを手に入れませんか?>

■1 日1 台のペースで、トラックやハイエースが盗まれる!!
■職業は泥棒? 驚き!約20 年間、泥棒で生活!
■本当に盗られるものは何もない?愛犬が危ない!!

皆様こんにちは。
いつもお世話になり、ありがとうございます。
代表の三宅 勇雄(みやけ いさお)です。

このメールマガジンは私と名刺交換をさせて頂いた方や弊社とお取引をさせて
頂いている皆様にお届けしています。

解除をご希望の方は、このメールに「解除希望」と「御社名、お名前」をご記入の上、
ご返信頂ければ、送らないようにさせて頂きますので、
宜しくお願い致します。

2014 年(平成26 年)4 月より、消費税が5%から8%になります。
あとわずか 4ヵ月程で増税になります。

特に家をご購入される方や高級車をご購入される方は、増税分の金額が大きくなるため、
増税前にご購入される方が多数いらっしゃいます。

わずか3%かもしれませんが、できるかぎり増税前の3 月までに高額商品は
購入しておきたいものです。

防犯システムや防犯カメラの設備投資も忘れてはいけません。
今後も、ますます必要とされる防犯システム。

いつか設置すると考えているのであれば、被害に遭う前に早い目
の防犯対策をおすすめします。

<①今年はお世話になりました>

つい先日、一部のお客様へ弊社の卓上カレンダー ニュースレター 写真付きのスタッフ紹介
を送らせて頂きました。

卓上カレンダーやニュースレター等ご要望がある方はこのメールにご返信頂ければ、
送らせて頂きます。お気軽にお申し付け願います。

今年は皆様のおかげで業績を伸ばすことが出来ました。
ほんとにありがとうございました。

来年度は皆様のサポーターとなれるように、年中無休24時間対応・技術力・在庫力等
さらにサービスを追求して参ります。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

<②ラジオニッポンでCM中です>

ラジオニッポン AM1422KHZ  でカギの特急便の
サウンドロゴが放送されています。

放送枠は「夏木ゆたかのホッと歌謡曲」内
毎週、火曜と木曜の15時50分~

>>>http://www.jorf.co.jp/HOT/

年内放送の予定です。

生放送内ですので、放送時刻は若干の前後が あり得ます。

ちなにみこんな感じです。

若い女性の声で、
「この鍵取り換えたいわ~ カギとセキュリティのことなら カギの特急便
 フリーダイヤル 0120-169-109 0120-169-109  いいロックとっきゅう
   カギのとっきゅうびん♪  これで安心だわ!」

とこんな感じです。

年末にむけて、放送回数が1.5倍ほどになると思います。
お時間許す方は、是非お聞きください。

<③遠隔監視システムi-nextでコスト削減と売上アップのツールを手に入れませんか?>

遠隔監視カメラシステム 「i-NEXT」

Q 何故コスト削減できるのか?
A 時間の活用→現場確認に要する時間・交通費・人件費の改善ができます。
Q 何故売上アップできるのか?
A 接客サービスの向上→音と映像で確認できます。来客情報も確認できます。
A スタッフのスキルアップ→在庫管理・商品陳列が確認できます。
A 店舗の場合はレジの不明金解消→内部管理が徹底できます。

防犯設備の現状→防犯カメラが自社についていてもきちんと映っていないことが良くあります。

システム導入で防犯カメラはスマホやパソコンのように毎日仕事で活用する「ツール」になります。
ご興味をお持ちの方には、デモンストレーションで実際の映像をご覧いただけます。

お気軽にお申し付け願います。

詳しくはこちらです。

>>>http://securityhouse-se.net/i-next

それでは、本題です。

■1 日1 台のペースで、トラックやハイエースが盗まれる!!
*************************************************************************************************
トラック窃盗で男女4 人逮捕 ハイエースなど100 台被害に関与か 警視庁
【産経新聞 2013 年11 月7 日(木)】

建設会社の駐車場からトラックを盗んだとして、警視庁捜査3 課は窃盗の疑いで、
埼玉県川口市桜町、無職、竹内大輔被告(34)=別の窃盗罪で起訴=ら男女4 人を再逮捕した。
4 人はほかにもトヨタのハイエースなど約100 台を盗んだと供述しているといい、
同課は被害総額が約2 億円に上るとみて、裏付けを進めている。

逮捕容疑は8 月20 日未明、東京都練馬区高松の建設会社駐車場で、ドライバーなどを使って鍵を開け、
掘削機などが積まれたトラック5 台(計1700 万円相当)を盗んだとしている。

同課によると、4 人は6~9 月、東京、埼玉、千葉の3 都県の建設現場などでハイエース約80 台、
トラック約20 台を盗んだと供述。車はブローカーを通じて海外に売却されたとみられる。

ハイエースは海外で人気があり、1 台10~15 万円で売れたという。

*************************************************************************************************
盗られる物は何も無い時代はひと昔。泥棒がまず狙うのは、基本的には現金や現金化しやすい物。
相変わらず、現金や現金化しやすい貴金属類は狙われやすいですが、それ以外のモノもターゲットになります。
最近、またまたハイエースの盗難被害が目立つようになりました。

上記の窃盗事件では、3 ヵ月で100 台程盗難被害に遭っています。これは一日で換算すると1 日1 台以上が被害にあっています。
「まさか、自分の車が盗まれるなんて・・・」。

被害にあった方の大半はそう言います。
防犯システムを設置される方の多くは、盗まれてから慌てて防犯システムを設置する方が大半です。
やはり、被害に遭う前に、敷地内に入らせない、建物内に入らせない対策をしっかりと行っておくことが重要です。

■セキュリティハウスと言えば外周警備。『入らせない』、『狙わせない』ために外周警備。
URL:http://www.securityhouse.net/system/circumference/

■職業は泥棒? 驚き!約20 年間、泥棒で生活!
防犯対策は、かかせません。職業が泥棒?という犯人が逮捕されました。

*********************************************************************************************
■住居侵入・窃盗:容疑で川崎の47 歳男を再逮捕 /神奈川
【 毎日新聞 2013 年11 月09 日 地方版 】

県警捜査3 課と宮前署などは8 日、川崎市多摩区寺尾台の無職、城戸隆志容疑者(47)を住居侵入と
窃盗の容疑で再逮捕した。同課によると、類似手口の事件は1999 年以降、計約1400 件

(被害額1 億9700 万円相当)が確認されており、時効を迎えていない2006 年以降の316 件
(同5230 万円相当)について関連を調べている。

*********************************************************************************************
約20 年間にわたって、泥棒を繰り返し生計を立てていた模様。今回の事件は、氷山の一角に違いありません。
日本国内には、まだまだたくさんの泥棒生活者がいます。泥棒は、案外近くに潜んでいるかもしれません。
泥棒も人間です。自分が捕まりそうなところはできる限り避けて犯行します。

泥棒の犯行を食い止めるのは、泥棒が「捕まるかもしれない。」と感じさせるいろいろな仕掛け準備することが必要で す。この家は入りにくいと泥棒に思わせれば犯罪対象から外すことができます。

たとえば、セキュリティキーパーがあります。【SHTO-510】 最近新しいモデルが登場しました。

特徴としては、 ① 高輝度LED 採用で、夜間は常夜灯として24 時間「警戒中」であることアピールできます。

② 異常発生時には、赤色LED が点滅、同時に2 種類の警告音声、警報音から環境やご要望に応じて鳴動させること ができます。「ここは機械警備をしています。すぐに退出してください。」「侵入発生。110 番通報を行います。」

③ 屋外設置可能な保護構造となっています。
これを建物外観に設置することで、泥棒が嫌がる環境を作ることができます。

泥棒が嫌がる・侵入を躊躇するシステムは、自主機械警備システムで実現可能です。
窃盗犯に狙わせない対策はぜひ、防犯の専門家にご相談ください。

★防犯の専門家がセキュリティの問題解決。防犯対策の専門家は㈱セキュリティハウス
URL:http://www.securityhouse.net/shindan/

★防犯対策は、下見をする泥棒に侵入を諦めさせるのが基本。基本のシステムは自主機械警備システム。
URL:http://www.securityhouse.net/system/system/

--------------------------------------------------------------------------------
■本当に盗られるものは何もない?愛犬が危ない!!
中国のニュースですが、愛犬がたくさん盗まれる事件を見つけて驚きました。

*********************************************************************************************
■犬専門の窃盗犯、盗んだ犬は40 匹余り
【 中国特快ニュース:2013 年11 月7 日 】
6 日に伝えられたところによると、山東省沂南県で警官が巡回を行っていたところ、1 台の不審なバンを発見した。

派出所の指導員李さんによると、「私たちが巡回をしていると、動きの怪しい1台のバンを発見した。
パトカーに気付くとすぐに狭い小道に入りこもうとしたため、運転手に止まるよう指示したが、バンは減速する どころか加速して逃げようとした。」という。

問題ありと見なした警官がバンを強制的に停めて中を調べると、中の荷物は全て死んだ犬だった。
派出所で詳しく調べたところ、容疑者は2人組で、仕事場で知り合い、今年8月から犬を盗んで売っていたという。
2 人は30 件ほど犯行を繰り返し、盗んだ犬は40 匹余りに上っていた。

*********************************************************************************************
日本には、愛犬がたくさんいます。日本では今のところ愛犬が盗まれる被害があまり話題になっていませんが、もしか すると、全国各地ではすでに盗犬被害に遭っているかもしれません。

中国では犬を高く買ってくれるお客様が多数います。
買う人は、犬が盗まれた犬だとはわからないことが殆どかもしれません。

盗犬被害を未然に防ぐためには、今まで以上にご自宅の防犯対策が必要です。今まで、犬がいたら防犯になると思っ ていた考えは今の時代通用しません。犬自体が盗まれる時代です。

犬を守るためには、家の外の防犯対策が重要です。また、家の中で飼っている犬を守るのも、家の外と家の中に防御 システムを整備し2 重3 重に防御することが重要です。

★愛犬泥棒に、『狙わせない』、『入らせない』 ための抑止力重視の『 防犯システム 』
URL:http://www.securityhouse.net/location/house/case/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◇◇◇◇◇ 安全・安心・快適を創造する ◇◇◇◇◇◇◇
カギの特急便      http://www.109bin.com/
セキュリティハウスSE  http://securityhouse-se.net/
電気錠・オートロック  http://www.denkizyou.com/
防犯カメラ       http://www.bohancamera.net/
防犯施工事例      http://www.spacexpress.jp/
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
建設業許可 電気通信工事業 電気工事業
株式会社スパックエキスプレス
代表取締役 三宅 勇雄
TEL:03-5777-0109  FAX:03-5402-3658
【メール】     i-miyake@bohan.jp
【事務センター 〒105-0004 東京都港区新橋4-26-7 佐山ビル6F
【新橋店】   〒105-0004 東京都港区新橋5-7-1 久松ビル1F
【日本橋店】 〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町9-13 堀ビル1F

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

======================================================================
Copyright(C) 株式会社スパックエキスプレス All rights reserved.s reserved.