美和ロック認定サービス代行店SD

プライバシー 今すぐ相談はこちら 0120-169-109 通話料無料年中無休受付

メールマガジン

2014.05.02
2014年5月(第57号)

防犯・防災のカギの特急便 セキュリティハウスがお届けする、
   ╋╋・‥…  防 犯・防 災 マ ガ ジ ン  …‥・╋╋
                         2014.5.2 057号(5月号)
このメルマガは、カギの特急便セキュリティハウスのお客様を対象にお送りしています。
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。
_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
・ご挨拶……………………<1.サポートショップのご登録はお済ですか?>
            <2.オフィスセキュリティショーご案内>
皆様こんにちは。
いつもお世話になり、ありがとうございます。
代表の三宅 勇雄(みやけ いさお)です。

このメールマガジンは私と名刺交換をさせて頂いた方や弊社とお取引をさせて
頂いている皆様にお届けしています。

解除をご希望の方は、このメールに「解除希望」と「御社名、お名前」をご記入の上、
ご返信頂ければ、送らないようにさせて頂きますので、
宜しくお願い致します。
5月に入り、暖かい日が続いています。春というより初夏を感じさせる陽気ですね~!

通勤の際、この春入学された学生や、入社された社会人の方々とすれ違います。
ピカピカの一年生たちを見ていると、こちらもすがすがしい気持ちになります。

先日、ある新聞で掲載されていた内容ですが。この春小学生に入学した新一年生に
「将来つきたい職業」を聞いたアンケート。
男の子は「スポーツ選手」。女の子は「パン・ケーキ屋」が一番人気。

注目したいのは、男の子の二番人気。それは「警察官」。頼もしいですね。

日本の数年後の未来は、日本の安心と安全を担う
頼もしい警察官たちが増えそうです。

<1.サポートショップのご登録はお済ですか?>

  「カギの特急便 セキュリティハウスSE」へのサポートショップの
ご登録はお済でしょうか?

ご登録頂ければ以下の特典が受けられます

①工事のご予約は優先的に承ります。
②出張工事を割引させて頂きます。
③ニュースレター、各種カタログ等最新の防犯・防災情報
 をお届いたいます。

出張工事のご用命は、早めに頂けますと、優先的に入れさせて頂きます。

お電話頂くか、弊社担当までお気軽にお申し付け願います。

<2.セキュリティショーへのご案内>

本年もオフィスの総合展 オフィスセキュリティEXPO 通称=OSEC
に出展予定です。

今年は、バージョンアップした最新遠隔監視システム「i-next」や入退室管理システム
等最新の機器を展示予定です。

お忙しい時期かと存じますが多数ご来場いただきますようお願いいたします。

開催日時:7月16日(水)~18日(金) 10:00~18:00
開催場所:東京ビッグサイト 東京都江東区有明3-21-1

  弊社担当:営業企画 神林 庄一(かんばやし しょういち)
  03-5777-0109(受付:平日9:00~18:00)

事前のご招待券のご予約 当日会場のご案内も承ります。
お気軽にお申し付け願います。

詳しくはこちらです。

URL:http://www.osec.jp/
それでは、本題です。
--------------------------------------------------------------------------------------------
<<防 犯・防 災 マ ガ ジ ンの内容>>

■大胆な電気泥棒。まさか電気メーターを盗むとは?
■チェーン店舗は、泥棒にとってのドル箱。
■爆窃団もびっくり!! 壁を破壊せず、地面を掘って現金奪う!!

--------------------------------------------------------------------------------------------
■大胆な電気泥棒。 まさか電気メーターを盗むとは?
---------------------------------------------------------------------------------------------
電力メーター盗む「電気使えると思った」男逮捕
【毎日新聞 2014年04月08日】

自分の住むアパートの別の部屋から電力メーターを盗んだとして、長浜署は7日、滋賀県長浜市の派遣
社員の男(46)を窃盗容疑で逮捕した。男は料金の不払いで直前に電気を止められており、「自分の
部屋のメーターと付け替えれば電気が使えると思った」と話しているという。

---------------------------------------------------------------------------------------------
まさか電力メーターを盗むとは、通常では考えられない驚きの事件です。「万が一、感電事故が発生し
ていたら」と想像すると、冷や汗がでました。ましてや、これが防犯システムの場合だったら大きな感
電事故になっていたのではと考えると、さらにぞっとしました。犯罪被害・突発的な事故等は、そうい
った「まさか」のときに発生します。

「まさか自分で取り外すとは・・・。」「まさか防犯機器を破壊
するとは・・・。」万が一の被害を防止するためには、事前準備・事前の対策が必要不可欠です。犯罪
被害を最大限抑えるためには、狙わせない、近づけさせない抑止力を強化することが最重要です。セキ
ュリティハウスでは、2重警戒以上の対策をとっており、不審者を2重・3重とストップをかけることを
基本としています。

まさかの犯罪を未然に防ぐには、【抑止力】を最大限発揮できる『自主機械警備
システム』が一番です。セキュリティハウスでは、抑止力の強化に最も力を入れています。

●抑止力を最大限発揮できる『自主機械警備システム』
http://www.securityhouse.net/products/next/

■チェーン店舗は、泥棒にとってのドル箱。
またまた、同じ店舗ばかりを狙う、窃盗事件が発生しました。
--------------------------------------------------------------------------------------------
世田谷区や神奈川県内のコーヒー店ばかり狙う窃盗事件。
【 FNN 2014年3月26日】
東京・世田谷区を中心に、都内や神奈川県内で、コーヒー店ばかりを狙って、現金が盗まれる被害が
相次いでいることがわかった。

世田谷区南烏山のコーヒー店で3月13日、ドアガラスが割られ、店内から
現金およそ50万円が盗まれた。世田谷区内のコーヒー店では、2014年2月以降、同じ手口の窃盗事件
などが3件相次ぎ、被害は数十万円にのぼっている。

東京・町田市のコーヒー店でも2013年、およそ110万円が盗まれたほか、
神奈川県内のコーヒー店でも、同様の窃盗が2014年で20件確認されてい
て、警視庁などは捜査を進めている。
--------------------------------------------------------------------------------------------
同じ店舗、同じ業種ばかり狙う窃盗犯罪は、昔から頻繁に発生しています。その理由は“ズバリ”、
【ほとんどの店舗が同じ店舗レイアウトだから。】どこに金庫があり、どこに進入口があり、どこに逃
げ口があるのか、ほとんどのお店が同じ構造であれば、泥棒が狙いやすいのも明らか。

ゆえに、チェーン店舗を展開されているところは、泥棒の被害に遭わないように、
人並み以上の、ワンランク上の防犯対策が求められます。

店舗ばかりが狙われるからといって、一般住宅が狙われない訳ではありません。建売の住宅や、
シリーズで販売している注文住宅等でも、よく似た構造の住宅が建てられているケースが多くあります。

泥棒にとっては、家の間取りや隠し棚の場所等がすぐにわかります。戸建て住宅の防犯対策は、家の中に入
らせないために、敷地の外周のところで警戒を強化する、「外周警備システム」が最重要となります。
敷地内に、誰かが侵入してきたときに、早期発見、早期対応が可能で、不審者を威嚇撃退し、被害を未
然に防ぐことができる機能がひとつの特徴です。

●敷地内への侵入を未然に防ぐための『 外周警備システム 』
http://www.securityhouse.net/system/circumference/
--------------------------------------------------------------------------------------------
■爆窃団もびっくり!! 壁を破壊せず、地面を掘って現金奪う!!
---------------------------------------------------------------------------------------------

ブラジル銀行が被害に トンネル掘って現金盗む
【サンパウロ新聞 2014年4月10日】

ブラジル銀行支店で7日午前、隣接する建物から掘られたトンネルを用いた窃盗事件が発覚した。

警察によると、発見されたトンネルは直径1,20メートル、長さ約10メートルで、隣のマンションのトイレ
に通じていたという。犯行は5日に行われたとみられ、金庫内にあった現金が奪われた。

---------------------------------------------------------------------------------------------
壁をブチ破って侵入する爆窃団の被害が数年前に多発しました。初めてそのニュースを知ったときは
『壁を破って侵入する』といったことは漫画の世界のようで、現実的に信じがたい内容でした。

今回は、トンネルを掘って侵入する手口。常識的には、全く考えられないような犯行です。今回の事件は
ブラジルでの被害ですが、日本でも起こりうる可能性もあります。新しい犯罪手口には、新しい対策が必
要です。防犯システムも、新しい犯罪に併せて進化させることが重要です。

●進化した防犯システム。トータルセキュリティシステムi-NEXT(アイ ネクスト)
http://www.securityhouse.net/products/i-next/